FC2ブログ

ジャストフリスクサイズ

昨日早く上がったのでベン・スティラー監督・主演の「ズーランダー」って映画を観た
残念ながら僕のお口には合わなかったのだが
その中で気になったのが、ベン・スティラーが持っていたちっちゃなちっちゃな携帯電話
なんと親指位の大きさしかないのだ
ブルートゥースのレシーバサイズって言ったら判りやすいかな?

果たしてこれはネタなのか、それとも実在するのか気になったので検索してみた
さすがにあそこまで小さいのはないらしい
もっともあの大きさじゃ、番号プッシュ出来ないから特定の人とのホットラインくらいにしか使えないw

で、実際の世界最小はどれくらいかってぇと、タイトルに書いたフリスクサイズ
Willcomから数量限定での販売だったらしい
詳細は、こちら
hu1.jpg

カラーバリエまで、フリスクと同じ
実用性を考えたら、これがミニマムサイズなんだろな
スポンサーサイト



富士山噴気?

昨日に引き続き今日も小麦屋さんでの販売
ふと富士山を見たら、あれあれれ?
もしかして噴気してる?
20131127_141021.jpg

んで
20131127_141941.jpg

その後
20131127_143205.jpg

更に
20131127_143945.jpg

頂上付近から出ている?水蒸気のようなものが時間とともに多くなってるよね?
ネットで確認してみたら、昨年もっと大規模なのがあったみたいだから
さほど心配はしなかったけど、これってやっぱり噴気なのかしらん?

着る毛布

長野にいるときに、10月初旬からストーブを焚くのはどうもと思い購入した
これが実に暖かいのだが、丈が非常に長いので歩きにくいことこの上ない
んでも、とにかく暖かいんで愛用してた

そしたら今日またまた面白いの発見
ドッペルギャンガーってメーカーの人型寝袋
81SHxuL4UQL__AA1200_.jpg

ヒーロー戦隊ですか?w
キミが着なけりゃ、誰が着る!!ってキャッチも素敵
815.jpg

カラーバリエの紹介コピーもふるってる
こういう遊び心のあるメーカー好きだな

メーカーは違うがこんなのも発見
326_78fb34f787600c7dbdb279d381138f66.jpg

人体模型型寝袋w
中島らもさんの作品に、「人体模型の夜」ってのがあったな・・・

で、今日のお休みを利用して「ふるい」を完成させた
20131112_141834.jpg

正直言ってやっちまった感一杯
いくらなんでもでかすぎたw
積み込むのにも一苦労
でもこれで明日は、コーンが作れます

デジタル地球儀

って知ってる?
今日、ふるい作成後(実際には完成しなかったんだが)献血ルームに行った際
そこに置かれていた「DIME」に載っていた
その場で検索してみたのだが、これはすごいや
リアルタイムで雲の動きを表示させたり、海水の温度分布を表示させたりも出来る
帰宅してから動画を探してみたら、やっぱりあった


ちょっと欲しいかもw
すぐ飽きそうだけどね
気になるお値段は、400万円だそうです
どなたか買ったらちょっとだけ遊ばせて

その後の記事で思わず吹き出しちゃったのがこれ
513e83e4.jpg

その名も「ほじれるんです」
もう好きなだけほじちゃってください
詳細はこちら
アイドルの鼻の穴にピーナッツを詰めちゃうなんて夢の様な遊び方も出来ちゃいます
動画も発見


紹介者のイッちゃってるっぷりも素敵
こちらは、リーズナブルな200円でございます

ホスピタリティとは・・・

今日は、長泉の幼稚園さんにお呼ばれして行ってきた
若干雨は降っていたものの、問題なく終了
保育士さん達(やっぱ僕は「保母さん」って言い方のほうが好きだけど)にも
ポンして貰ったりして、大変楽しくお仕事出来ました

もうさ、チビちゃん達がほんと可愛い
最後、全員で頭を下げてありがとうございましたとか言われちゃった時は、照れた照れた

こちらが午前中で終了したため、午後は以前から気になっていた部分の補修をしようと
近所のホームセンターにお買い物

僕がレジに並んでいる時に、何やら金属の長い棒のようなものを持ったお母さんが
レジの人に、「これ買ったら、カットしてもらえます?」と訊いていた
女性だし、お年寄りだし、自分でカット出来ないのは明らか
ところが、スタッフの男性は「そういったサービスはしておりません」の一点張り
確かに「基本的には」していないのだろう
また自分一人しかいなければ、レジを離れる訳にも行かないだろう
だが、その時レジ付近には、女性一人と男性二人いたにも拘わらずだ

こんなの自分じゃ切れないから・・・と、途方にくれているお母さん
工作室があることは知っていたし、金鋸一本あれば1分も掛からずカット出来るのにと思った僕は
つい「僕がカットしてあげましょうか」と言ってしまった

工作室にある金鋸の刃が摩耗していたので
交換を申し出たところ購入してくださいと言われてしまった
そうだった、ここはドリルのキリ等の消耗品?は、自分で購入しないといけないのだ
キリ等を折ってしまった場合、実費と言うならまだ判る
しかし、家に帰ればあるものをわざわざ購入する気になるわけもない
仕方ないので、そのまま使用
時間は倍ほど掛かったが、切り口はそれなりに綺麗だったのでよしとした
カットした後のお母さんの喜びようったらなく、こちらが嬉しくなってしまうくらい
何度も何度もお礼を言われ、こちらのほうが照れてしまった
わずかな労力を惜しまなければ、こんな素敵な笑顔が見られるのになと思う

家から15km程離れたホームセンターでは、なんでも貸してくれるので
工作室を使いたい場合、僕はわざわざそちらへ行く
だから、そこの工作室はいつ行っても混んでいるのだが
こちらの工作室では人を見たことがない

ほんとに「チョットした」ことだと思うんだけどね

今日はちょっとばかり腹に据えかねたのでネガティブな内容になってしまった
申し訳ない